奄美大島に移住するか悩んでいるあなたに3つのアドバイス

奄美大島の紹介

今の環境を変えようと奄美大島へ移住を考えているけど不安だな

南国で暮らしてみたいけど奄美大島へ移住って大丈夫かな

奄美大島への移住を考えているあなたへの具体的なアドバイスです

●本記事の内容

  • ・そもそも奄美大島へ移住するべきかどうか
  • ・暮らしが変われば環境も変わる(良いことも悪いことも)
  • ・南国の奄美大島がどんなところか

この記事を書いている私は奄美大島へ2019年8月の末に大阪から引っ越してきました

以前は公立学校の教師をしていて、現在はてぃ~ちゃ~Mとして奄美大島の紹介動画やブログを作っています

私も奄美大島へ移住するかどうかで非常に悩みました

学校の先生という職を手放すこと、住み慣れたところから引っ越すこと、様々な不安がいっぱいありました

ですが現在、暮らしてみてわかったことがあります。移住する際に調べたことなどもあります。そこで今回は

奄美大島に移住するかどうかを決める手助けになることを解説していきます

そもそも奄美大島へ移住するべきかどうかを考える3つのポイント

Point①:ゴールを決めているか

Point②:奄美大島での生活をイメージできているか

Point③:現在の生活との比較ができているか

Point①ゴールを決めているか

最終の目的を決めるということは一番重要です

ゴールを決めていれば、遠回りをすることもあるでしょうがたどり着きます

ゴールを決めていなければ、なぜ移住したのかもわからなくなってしまいます

ゴールとは「奄美大島に何をやりに行くのか?」です

飲食店を開く、美容室を開く、農業をする、インストラクターになるなどの仕事系から

奄美大島で残りの人生を過ごす、子どもが中学を卒業するまでは奄美大島で過ごすなど一生涯のゴールでもいいですし、一時的な移住がゴールでもいいです

とりあえず目的を考えましょう、パートナーがいるなら話し合いましょう

あくまでも考えるのは「ゴール=奄美大島に移住する目的」です。

Point②:奄美大島での生活をイメージできているか

さまざまな動画がアップされていますが、奄美大島の場合、旅行で奄美大島に来て、それを動画にアップしているものが目立ちます。

もちろん実際の生活とは違います

「実際の生活をして奄美大島で困った事」に関してはまた次回紹介していきます。

Point③:現在の生活との比較ができているか

奄美大島での生活がイメージ、下調べができたなら、今の生活と比較してみましょう

比較することが絶対必要かといわれれば絶対ではありません

ですが、比較することで客観的に考えることが出来ます

収入、仕事内容、住居、人間関係、自然環境、平日の過ごし方、休日の過ごし方など

休みの日にでも、今週の1週間を振り返って、奄美大島でならどんな1週間を過ごしているだろうと考えてみましょう

ここが一番大変だけど、一番楽しいと思います

・暮らしが変われば環境も変わる(良いことも悪いことも)

今の仕事がイヤだとか、今の職場の人間関係がイヤだとか、満員電車がイヤだとか都会に住んでいれば様々なストレスと戦わなければなりません

ストレスとの戦いが都会にはあります。ですが、奄美大島でももちろん戦いは待っています。ですが、その戦いはストレスではありません。自分との戦いです。

奄美大島に限らず、人口が少ない地域への引っ越しで、そこには就職して働くという働き口は極端に少ないです。

ですが、ビジネスのチャンスはたくさん転がっています。

まだ、都会で貧乏やってるの?

吉角 裕一朗

という本もあります。これは、都会で総合格闘家を目指したが挫折、地元に戻って事業で成功した著者のお話ですが、参考になる話や考え方がたくさん載っています。地方での成功事例もいくつか紹介していたので、読んでみてはいかがでしょうか。

移住したら、基本は就職と言うより自分で何かをした方がいいです。だから、移住を先にしてしまって先に環境を変えてしまうということですね。

もちろん準備はした方がいいかもしれませんが、タイミングを逃すと準備だけの人生で終わってしまうかもしれません。

先ほど「目的を明確にする」と書きましたが、目的までのあなたの時間は日々過ぎていってしまいます。私の周りの友人でも、事業計画を2年ぐらい作り続けてまだ作っています。想像で良いならもちろん何も言いませんが、創造や空想だけであなたは満足できますか?

「思い立ったが吉日」という言葉もあります。想いと行動はできるだけ早く一致させておくべきですね。

・南国の奄美大島がどんなところか

3つのアドバイスを紹介します

  • アドバイス1:市役所のHPを大いに参考にする
  • アドバイス2:人口構成を知っておく
  • アドバイス3:調べて、見て、触れてみる

奄美大島の様子は私の動画で確認してみてください

You tube より

♯1 【奄美大島 自転車紀行】てぃ〜ちゃ〜M 市街地交差点から奄美空港
奄美の市街地交差点から空港までの自転車での道のり

私も事業を起こそうと先に移住しましたが、融資先との話し合いをする上で調べ、分かったことを3つアドバイスしておきます

アドバイス1:市役所のHPを大いに参考にする

奄美市のHPのURLは後で見てください

調べるべきポイントは1つ

移住・定住のページをご覧ください

大まかな様子はわかります

アドバイス2:人口構成を知っておく

奄美大島の人口の分布を把握しておきましょう

奄美大島の年齢別の人口構成を知っておきましょう

若年層は18歳を超えると一時減少しています。ということは、若者向けのビジネスでは少しきついかもしれません。ですが、若者が少ないからと言ってチャンスが無いわけではありません。観光客の増加は見込めます。

奄美渡島・沖縄北部がこれから世界遺産に登録される可能性があるからです

鹿児島県のHPです

奄美を世界自然遺産へ
奄美を世界自然遺産へ:

こういった状態も知っておいて損はないでしょう。

ですが、事業をするならば、当面は奄美の市民がお客さんになると思うので人口構成は知っておいた方がいいですよね。

アドバイス3:調べて、見て、触れてみる

実際訪問してみましょう

ネットには、たくさんの情報が溢れていますがネットだけでは絶対に分かりません。

例えば不動産情報です。私もネットで散々調べましたが、実際は足を運んでみて不動産業者さんにネットに乗っていない物件も紹介してもらいました。

現地の空気、雰囲気、天気、一日の様子、人の様子など実際に触れてみてわかることはいっぱいあります。

ぜひ、一度奄美大島に来てみてください。

飛行機の申し込みなど、あなた自身で調べて予約することもできますが面倒なので

レンタカーもお忘れなく

以上が、私が移住してみて、生活してみてのアドバイスになります

最期まで読んでいただきありがとうございました(^_^)

タイトルとURLをコピーしました